【Photoshop】チェック(格子)柄をつくり、長方形に適応する – パターン作成・色変更

背景やオブジェクトの塗りに使える、チェック柄(格子模様)をつくっていきます。

パターンをつくる

①アートボードを新規作成する

正方形・背景透明のアートボードをつくります。今回は50px x 50px でつくります。

②ガイドを作成する

表示→新規ガイドレイアウトを作成を選択し、下の数値を入れます。
幅と間隔は未入力か0にします。

こんな感じで、アートボードが4等分された状態になります。

③正方形を書く

長方形ツールで、向かい合うように2つ、同じ大きさの長方形をつくります。

④レイヤーを結合

パターンを作成するために、2つの長方形をひとつのレイヤーにまとめます。
2つの長方形を選択した状態で、右クリック→表示レイヤーを結合を選択します。

⑤パターンを作成

統合したレイヤーを選択した状態で、編集→パターンを定義を選択します。

好きなパターン名を入れます。

【塗りで】長方形でパターンを使う

①新規アートボードを作成

新しくアートボードを作成し、適当に長方形をつくります。
ピンクの線と、白い塗りを付けた状態です。

②塗りにパターンを適応する

上部ツールバーにある、塗りの部分をクリックします。
(上のバーに塗りや線が表示されていないときは、Shift + Aで表示されます。)
一番右のパターンを選択すると、デフォルトのパターンと一緒に、先ほど作成したパターンが出てきます。

塗り潰されました!

塗りでパターンを適応した場合に色を変える方法

ちょっとひと手間ですが、作成したパターンの色を変更することもできます。

①グループを作成する

長方形を選択し、右クリック→レイヤーからのグループを選択します。

②カラーオーバーレイをつける

作成したグループを選択した状態で、レイヤーパネルの下のレイヤー効果ボタンを押します。カラーオーバーレイを選びます。

不透明度を100%、モードは通常で、塗りの色を変えることができます!

【パターンオーバーレイで】長方形でパターンを使う

①新規アートボードを作成

新しくアートボードを作成し、適当に長方形をつくります。
ピンクの線と、白い塗りを付けた状態です。

②パターンオーバーレイ

レイヤーパネル下のレイヤー効果からパターンオーバーレイを選びます。

パターンの中に先ほど作成したパターンがあるので、選択するとパターンで塗りつぶされます。
比率を変えることでパターンの密度(大きさ)も変えることができます。
※パターンの背景が透過している場合、長方形に塗りをつけないとパターンは適応されません。

パターンオーバーレイでパターンを適応した場合に色を変える方法

①塗りを0%にする

長方形の塗りを0%(透過の状態)にします。

②レイヤースタイルをラスタライズ

長方形を選択した状態で、右クリック→レイヤースタイルをラスタライズを選択します。
※ラスタライズすると、長方形がビットマップ画像(写真のように、拡大するとぼやける画像です)になり、色やパターンの変更ができなくなりますので気をつけてください!

③色をつける

レイヤー効果からカラーオーバーレイを選びます。

これで好きな色に変更ができました!

おすすめ